住宅ローン払えないが、そのまま住み続けたい方。任意売却で親子間売買、兄弟間・親族間での不動産売買による解決策をご提案致します。

とにかく家を残したい・
住み続けたい

まだ、間に合います
あなたの家を守るために…

自宅に住み続けられる
方法があります

“住み続けたい” “手放したくない”
でも住宅ローンが払えない方のための
方法

親子間売買

親・子供や親族に購入してもらう手法です。一般的に購入者(親・子供あるいは親族)が銀行から融資を受けられる確率が低いという問題はあるものの、担保不動産を親類に購入してもらうことで、将来的に買い戻すこともできるという利点があります。

ポイント
トラブルになりがちなため、親子間売買での住宅ローン利用において、金融機関では取引に消極的な傾向があります。

買戻し

「買戻し」とは、家の所有権を一時的に手放し、将来その家を購入することで所有権を取り戻すことをいいます。
一般的には「親・息子・娘」といった親子や、「兄弟・姉妹」等の親族、場合によっては親しい友人といった「信頼の置ける極近しい人物に自宅を購入してもらい、後日買戻す」という方法です。このように身内で不動産を売買することにより、任意売却・競売からひとまず家を守ることができます。

ポイント
後日トラブルにならないよう、「買戻し」には確かな信頼関係を築いた「親子」「親族」「友人」にお願いすることが重要です。

リースバック不動産

「リースバック不動産」とは、「第三者(不動産投資家・任意売却相談室のパートナー企業等)にご自宅を購入してもらい、賃貸借契約を結ぶことで、売却後もご自宅に住み続ける」という方法です。賃貸借契約を結ぶので、賃料を支払うだけの資金力・収入が必要になります。一般的に、賃料は周辺相場を基準に話し合いで決めます。
また、将来的に「買戻し」できる可能性がある場合は、第三者と買戻し特約を結ぶ方法もあります。

ポイント
購入者は利益も追求するため、購入金額により賃料が決まってしまう可能性があります。又、購入後の売却において、損失がでない価格での購入となる事が殆どです。

住宅ローンの支払いが困難であっても自宅に住み続けることが出来ます。
ただ上記の手段は書類作成や審査に手間がかかるので、他の業者には敬遠されがちです。
しかし私たち【ニンセン】はお客様のご要望に合わせて
親子間売買の手法を活用するなどして、サポートをします。

【ニンセン】の考え方

住宅ローン滞納でお悩みの方どなたでも思うこと、それは「家を守りたい!」ということではないでしょうか?
任意売却という言葉が一般的になり、相談窓口となるサービスが多くなった現在、様々な業者が任意売却のサポートをしています。
親身になってサポートをしてくれる業者もあれば、中には悪徳業者もいます。
そのような中、私たちは単純に家の任意売却だけではない、あなたの未来の生活を考えリスタートできる様にお手伝いをしていきます。
ご相談者に寄り添い、ご希望を伺い、そのご要望に添えるご提案、サポートを行っていきます。
私たち【ニンセン】が提案するのはあなたの立場に立った本当の問題解決です。

【ニンセン】の取り組み

住宅ローンの延滞や税金の滞納等によって通知書が届いたら「もう家を手放すしか方法が無い」そうお考えではありませんか?
実際にはその段階によって対処法は色々とあります。
延滞・滞納からの時期や時間に応じて、またお客さまの“家を守りたい”という思いによっても私たちの対応は変わってきます。
ただし、その猶予はそれほど無いかもしれません。
何より滞納をはじめてから競売手続きまでの期間は金融機関にもよりますが最長でも6ヶ月程度です。
「家族に言い出せなくて」、「周りに知られたくなくて」
そう思っている間にも時間は過ぎてしまいます。大切な家を守るために まずはご相談ください。

親子間売買・親族間売買/
親子間の住宅ローン対策

親子間売買/親族間売買とは住宅ローンの支払いが
難しくなってしまった物件を
親・子供や親族に購入してもらう手法です

自身の所有している不動産を子供や親あるいは親族に購入してもらい、競売から家を守る方法です。
子供や親あるいは親族に購入してもらうことで将来的には家の権利を取り戻すことが出来る買戻しも可能です。
住宅ローンの融資を使って購入してもらう場合、融資をしてもらえる可能性が低いという難点があります。
しかし親子間や兄弟間、親戚間であっても担保不動産の売買は法律的には可能です。

こんな方にオススメ

  • 現在住んでいる自宅にそのまま住み続けたい
  • どうしても自宅を手放したくない

親子間売買/親族間売買を行う
メリット

  • 任意売却後も継続して家に住むことができる
  • 将来的に不動産を買い戻せる可能性がある
  • 月々の支払いを減らすことが出来る可能性がある

親子間売買/親族間売買の
住宅ローン利用について

親子間・親族間売買では、住宅を買い取ってくれる子供や親あるいは親族が、
金融機関に申し出て、住宅ローンを組む必要が出てきます。
しかし、子供や親・親族が住宅ローンを組む際、
親子間売買や親族間売買の場合、金融機関が融資に消極的なため、
住宅ローンを利用できない場合がほとんどです。

金融機関が親子間売買に難色を示す理由

  • 親子間における所有権移転の理由は、一般的に売買ではなく相続・贈与であること
  • 親子間の売買に至る過程が、住宅ローン融資の基準外である可能性があること
  • 住宅取得以外の目的で住宅ローンの融資が使われる可能性があること
  • 金融機関と保証会社の間で交わされる契約上、親子間売買では保証対象として認められないこと
  • 売買される価格が適正でないケースが多いこと
  • 売主・買主が親しい関係者の場合、
    低金利で長期間借入れできる住宅ローンの融資金の流れを金融機関では把握できないこと

金融機関・保証会社が一般的な金利の住宅ローンの利用を認める例

  • 不動産会社が
    (宅地建物取引業免許 取得会社)
    仲介に入る
  • 不動産売買価格が妥当
    (一般市場相場価格の算出・査定書作成)
  • 重要事項説明書や不動産売買契約書の
    内容が信頼できる
  • マイホーム購入動機が適切

金融機関によっては、上記に該当するような信頼できる方の場合に限り
一般の住宅ローン同様、保証会社が融資を認める場合もあります。

以上のように、金融機関に住宅ローンを認めてもらう場合には、
不動産会社が仲介に入る必要があります。
【ニンセン・任意売却専門相談室】では、
実績・ノウハウが豊富ですので、親子間/親族間売買も積極的に行います。

親子間売買の住宅ローン利用で やってはいけない
3つのポイント!

ポイント1

自分で金融機関に相談する

銀行相談窓口でのヒアリングや書類記入方法にはノウハウが必要です。

ポイント2

親子間売買の住宅ローン利用が
困難だと認識していない
不動産会社に依頼する

手当たり次第住宅ローンを申し込むと、あなたの情報が金融機関や信用情報機関に登録され、今後の住宅ローン審査に悪影響が出てしまうため禁物です。基本的には、金融機関3行までで承認を取らなければなりません。

ポイント3

親子間売買の住宅ローン対策を
専門にしていない会社に依頼する

住宅ローン審査に合格するためには、周囲のあらゆる状況を把握し、過去の経験や実績をもとに、最近の金融情勢まで考えた上での対策が必要です。

親子間売買/親族間売買は、金融機関との調整が必要なため、
経験やノウハウが多数ある不動産会社でなければ、難しい不動産売買となります。
【ニンセン・任意売却専門相談室】は、
豊富な実績と経験によるノウハウを駆使することで、
金融機関への融資申込対策を行います。
どうぞ安心してご相談ください。

子供・親あるいは親族に
自宅を購入してもらうことが
難しい場合

リースバック

第三者(不動産会社等)に自宅を購入してもらい
売却後も賃貸として家に住み続けることができる方法です

自己で保有する資産(自宅・不動産)をいったん不動産投資家や友人等の第三者に売却し、その後売却した資産(自宅・不動産)を購入者から賃貸で借りる形態です。
【ニンセン】が過去取引をした投資家などが、このリースバックに協力してくれることがあります。
ただし、投資家の利益と、間に入る業者の諸費用などが加算されるため、それまで支払っていた住宅ローンの返済金額よりも高くなることがあるので注意が必要です。

子供・親あるいは親族に購入を依頼することが難しい場合には、
リースバックという不動産売買があり、
【ニンセン】ではリースバックのサポートも積極的に行っています。

お一人で悩まず ご相談ください

土日・祝日も相談受付中

24時間受付中メールのアイコン