お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. マンションを手放したくない! ~勤務先が倒産~

    1998年 住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)から3,000万円+銀行から500万円の合計3,500万円を借り入れて、自己資金0でマンションを購入しました。
    それから約10年は返済してきたものの、2008年のリーマンショックの影響で勤務先が倒産。
    再就職先も見つからず、預金も無いため忽ち住宅ローンの支払いが出来なくなり、6ヶ月以上も延滞してしまいました。
    その後も日々の生活のことで余裕が無く、銀行(公庫)から送られてくる封書(督促状や催告書)も封を開けないまま放置してしまったため、
    2009年10月、大阪地方裁判所より担保不動産競売開始決定通知が届き、慌てて以前携帯サイトで見つけた貴社のフリーダイヤルへ連絡しました。

    こんな状況でこのマンションに住み続けたい、手放したくない。という身勝手な思いを聞いて頂き、十分な説明をお聞きした上で貴社にお任せすることにしました。
    幸い、息子ならば住宅ローンを組んで買い戻すことが出来るとの見通しが立ち、息子も協力すると約束してくれたため、買い戻し可能な金額から逆算して、貴社の提携会社で一旦マンションを購入してもらい、その後予定通り息子で住宅ローンを組むことに成功。
    貴社の提携会社から無事にマンションを買い戻しすることが出来ました。
    (一旦はリースバックにて賃料を支払いそのまま住み続け、その後息子に住宅ローンで購入させる)

    結果として私には、ローンの残債が約1,800万円発生してしまいましたが、債権者2社に対して毎月5千円ずつの返済で同意をしていただき、今は平穏な暮らしをしています。
    これも貴社のネットワークと任意売却のノウハウ・細かなアドバイスのおかげです。
    とても感謝しています。

    担当スタッフからの一言

    マイホームを守りたい! このまま住み続けたい!
    誰もがそう願っています。
    仕事関係で収入の目処が無くなり住宅ローンが払えない場合
    “競売” になってしまうのを待つのではなく、自分から行動してください。
    その窓口として“ニンセン【全国任意売却専門相談室】”をご利用ください。