お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 任意売却後の残債はどうなる?

    残債は、処理方法を間違えると事態がもつれるかもしれません。競売もしくは任意売却の後まで借金問題を肥大化させないためには、残債の適切な処理方法を理解しておく必要があります。そこで今回は、残債が生じた場合のリスクや事態の悪化を防ぐための対処法をご説明します。

    売却後も、借金が残ることがある

    「住宅ローンを払えない」そんな事態になった場合、競売や任意売却で全額を返済できるとは限りません。競売では通常よりかなり低い価格から入札が始まり、市場価格の6割ほどで落札される傾向があります。任意売却も、希望通りの金額で取引される保証はありません。いずれにしても、すべての返済が完了しなければ多少なりとも借金は残ります。

    残された借金、つまり残債は返済金額が減ったとはいえ必ずしも簡単に処理できるものではありません。競売や任意売却が済んだ後に残債が不良債権になると、回収業務を代行するサービサーに転売される場合があります。代行会社の対応方法はさまざまですが、返済を強く迫ってくる会社も皆無ではありません。

    持ち家を手放した以上、さらなる苦労は背負いたくないところです。それでも残債の処理を誤ると、改めて借金の返済に苦しめられる可能性があります。そんな事態を避けるためには、適切な対処が欠かせません。どんな処理方法が望ましいか迷ったときは、任意売却をお願いした業者への相談が大切です。

    残債処理の方法

    残債処理の方法を検討する際、最初の相談相手としては任意売却を依頼した業者が適当といわれています。まったく関わっていない別の業者に意見を求めても、断られるケースが少なくありません。これまで債権者側と交わされた話し合いの経緯が少しも分からないと、業者にとってはアドバイスが難しくなるためです。

    任意売却を引き受けた業者でも、必ず最後まで相談に応じてくれるわけではありません。もし業務担当者にも話を聞いてもらえないときは、弁護士もしくは司法書士を頼るという選択肢が残されています。法律の専門家として、残債の支払い方法や必要な手続きについて適切に助言してくれると期待できます。ただし、法律専門家のなかには、安易に「自己破産」を勧めてくるケースもありますので注意が必要です。残債や借金支払いが困難な場合、自己破産はどのタイミングでも申請可能です。
    任意売却後の住宅ローン残債だけでの自己破産手続きは不要とも言われております。

    任意売却後、残債支払いの余裕がないケースも想定されるでしょう。そんな事情を専門家はよく心得ているため、多くの場合に建設的な意見を述べてくれます。「どれくらいの金額であれば月々の支払いが可能であるか債権者に提示して、話し合いに応じてもらいましょう」という具合に、具体的なアドバイスが可能。悩んだら、迷わず任意売却の専門家へ相談してください。

    まとめ

    残債は速やかな処理が望まれますが、決して簡単に済む問題ではありません。判断を誤れば、さらに面倒な事態を引き起こす恐れもあります。最近は、担当した業者や弁護士・司法書士以外にも住宅ローン専門の相談窓口を設置している会社が知られていますが、任意売却を専門にした【ニンセン】では、住宅ローンの返済が困難になった状況から無料相談を受け付け、任意売却後の残債についての対処方法も【ニンセン】にて任意売却をされた方のみ、アフターフォローとして無料にてアドバイスをさせていただいております。
    ひとりで悩んでいても解決できるとは限らないので、できるだけ早い相談が求められます。