お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 住宅ローンの支払いがつらいとき、最初にすべきこと

    住宅ローンの返済期間は平均35年。場合によっては、返済がつらい状況に立たされるときがきて、延滞を招いてしまうかもしれません。その際はまず家計を見直してみて、無駄な出費があれば削りましょう。小さな出費でも毎月節約を続ければ効果は生まれます。ローン返済が苦しくなったら、とにかくはやめに動くことが大切です。

    生活費や保険などの見直し

    食費や遊興費、毎月の固定費などの支出が増えていないでしょうか?不必要で無駄な出費がかさめば、住宅ローンの返済はますます苦しくなるでしょう。月々の生活費のなかで減らせる出費はないか、まずは見直してみましょう。

    保険の見直しも必要かもしれません。現在加入の保険が身の丈に合ったものか検討をしてみてください。負担も軽くてなおかつ手厚いプランであれば、乗り換えてもよいでしょう。ただし、保険選びは長期的に考える必要があるため、慎重に判断を下す姿勢も忘れてはなりません。

    生活費や保険について、客観的に見直すのが難しければ、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する方法があります。FPは保険や住宅ローンの知識も豊富で、相談者の資産状況に合う資金計画をプランニングしてくれる意味で、期待が持てます。家計や保険の見直しで迷ったら、FPへの相談も検討してください。

    金融機関に相談

    債権者である金融機関への相談も有効な対策です。転職や離婚、失業などで事情が変わり、ローンの返済が苦しくなったら、はやめの相談をおすすめします。返済期間の延長や金利の引き下げに応じてもらえるかどうか打診してみましょう。返済額の軽減に相当するような事情があれば、銀行でも対応してくれるかもしれません。

    なお、金利を下げてローンの再契約を結ぶ場合は、再審査のクリアが前提条件です。これまで一度でも延滞・滞納があると、金利変更は非常に難しくなります。住宅ローンの借り換えもひとつの方法ですが、これにも審査が必要です。つまり、一度でも延滞や滞納があると金利引き下げや借り換えのチャンスが遠のくことを意味します。だからこそ、住宅ローンの返済がつらい場合ははやめの相談が重要なのです。

    まとめ

    毎月の住宅ローン返済がつらいと感じたら、はやめに動くこと。真っ先に家計の見直しが求められますが、月々の支払いを軽減できないか銀行に相談することも大切です。つらい状況を改善できず、延滞や滞納が続いたら、住宅を手放す必要性も生まれます。その場合は、競売より価格面で条件のよい任意売却をご検討ください。任意売却の専門家【ニンセン】でも相談を承ります。