お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 住宅ローンを払えなくて滞納!借り換えはできる?

    住宅ローンの融資額は高額です。ローンを払えない状態で借り換えを検討する方もいるでしょうが、滞納後にそれはできるのでしょうか? また、審査への影響はどれほどでしょうか? そこで今回は、借り換えるときの審査の厳しさや借り換えに適したタイミングについてご説明します。/

    滞納すると審査は厳しくなる

    住宅ローンを借り換える際、これまでの返済状況がチェックされます。すでに何回か滞納していると、簡単には審査に通りません。

    • 現在の返済状況は事前審査のチェック対象

    住宅ローンを借りるときは、通常、「事前審査」と「本審査」を受けます。事前審査では信用性が重視されるため、借り換えの場合には現在きちんと返済できているかどうかが重要な審査項目のひとつに含まれます。

    実際には、過去1年間の返済実績を確認されるケースが一般的です。そのため、借り換えを申し込むときは1年分の返済状況がわかる通帳を提出するように求められることが少なくありません。

    • 複数回にわたり延滞すると審査は厳しい

    基本的に住宅ローンは、返済を1回延滞した程度であれば審査に大きく影響しないといわれています。何らかの理由で1度だけ入金が遅れても、多くの場合、その経緯がわかれば普通に審査してもらえます。

    審査が厳しくなるのは、複数回にわたり延滞したときです。この場合には金融機関や保証会社に「返済する意識が低い」と見なされます。あまりに延滞が多いと事前審査を申し込めなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

    タイミングが合えば借り換え可能だが・・・

    住宅ローンの借り換えはタイミングが大切といわれますが、その機会を逃してしまった場合などは任意売却という選択肢があります。

    • どのタイミングで借り換えるか

    住宅ローンの金利は、固定期間が終わると変動金利に移行します。必ずしも金利が下がるとは限らず、大幅に上昇したためにローンの返済が難しくなることも少なくありません。

    高い金利はローンを延滞する大きな原因のひとつであり、固定期間の終了に合わせて借り換える人も多くみられます。このタイミングであれば、「金利が高くなってしまいローンを払えない」と悩まなくて済むわけです。

    • 借り換えが難しければ早めに任意売却

    すでに何回か延滞して借り換えが難しい場合、はやめに別の手段を選んだほうがよいでしょう。何も対策しないまま一定の時間が過ぎると、住居の競売を避けられなくなってしまいます。 借り換えに代わる手段のひとつが、任意売却です。任意売却であれば競売より高値で売れる可能性があり、それだけ住宅ローンは返済しやすくなります。ただし任意売却の手続きも簡単ではないので、はやめに専門家へ相談することをおすすめします。任意売却専門の【ニンセン】では、土日・祝日も相談を受け付けています。

    まとめ

    住宅ローンは、延滞を繰り返すほど借り換えが難しくなると思ったほうがよいでしょう。遅きに失する、せっかく手に入れた住居も競売という事態に発展します。そんな事態を招かないためにも、解決手段として任意売却をはやめに検討してください。