お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 住宅ローンを滞納するとブラックリストにのる?

    住宅ローンを払えないと、ブラックリストに登録されてしまうかもしれません。結果的に払えなければブラックどころか競売の可能性も。それを防ぐ有効な手段として任意売却があるわけですが、この情報はブラックリストの対象外です。今回は、どんな条件でブラックリストに登録されるか、また任意売却との関係についてもご説明します。

    ブラックリスト入りの条件

    いわゆる「ブラックリスト」とは、「延滞情報」あるいは「事故情報」と呼ばれる類の記録です。金融機関から住宅の購入資金などを借入した際、予定通りに返済できるとは限りません。思ったようにお金を払えず住宅ローンの返済を長いこと延滞してしまうと、「契約違反情報」として処理されます。さらに滞納が続いて債務整理や自己破産にまで発展したときは、「事故情報」として記録されます。

    これらのデータを扱っている組織が、「個人信用情報登録機関」です。現在、国内では「全国銀行個人信用情報センター」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」の3機関が代表的な個人信用情報センターとして知られています。

    登録されたローンの利用データや支払い状況は、全国の金融機関で共有されます。各種の事故情報は、基本的に登録から5年間はデータが消えません。たとえ登録後にすぐ返済が済んだとしても、金融事故を起こしたという情報は一定期間が経過するまで削除されないわけです。ローンの支払いを延滞していると、クレジットカードの作成や新たな借入が難しくなり、生活にも大きな影響を与えるのです。

    任意売却情報はどうなる?

    ブラックリストへの登録は、住宅ローンの返済が長く滞ったときに実施されます。持ち家が安く買いたたかれる事態となったとき、延滞・滞納情報はすでに登録されているでしょう。これは任意売却する・しないに関係なく行われる手続きです。

    ブラックリストに登録される内容は、ローンの利用や支払い状況に関する情報です。任意売却してローンの返済がスムーズになっても、売却自体はお金を支払うこととは違うため登録機関が扱うデータには含まれません。

    任意売却に関する情報は登録機関にとっては管轄外だとお考えください。任意売却によって高値での取引が成立すればローンの返済に役立てられるものの、それによってブラックリストから登録抹消とはなりません。登録されたら最低5年間は記録が残ります。

    まとめ

    住宅ローンの借入情報は専門の登録機関が管理していますが、長く返済が滞ると事故情報としてブラックリスト入りします。一方、任意売却の情報は専門機関の管理対象に含まれず、その事実が信用情報機関に残ることはありません。任意売却に関するご相談は、「任意売却専門相談室【ニンセン】」までお気軽にお問い合わせください。