お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 住宅ローン残債務
    任意売却後の残債務
    残債(残債務)は免除?

    仕事の都合で転勤になった為、マイホームを貸すことにしました。5年で戻れる予定でしたが状況が変わりこれから先の見通しもわかりません。
    そんな状況の中、賃貸中の不動産売却を考えています。
    住宅ローンが2,500万円残っており、売れる相場は1,000万円程度です。
    一般的な不動産売買では、自己資金不足で売却できない事は知っています。
    任意売却や競売で売却した際のリスクや住宅ローン残債務について情報をいただきたいと思い、相談させていただく事にしました。

    住宅ローンの支払いが約定返済中の場合、任意売却ができない事を知り任意売却をするための条件や流れを教えていただきました。また、任意売却と競売、売れる売却価格に差が出るものの基本的には同じリスクを伴う事もわかりました。
    しかし、1,000万円程度の資産価値しかない不動産・マイホームに、残り20年以上かけて2,500万円返済する理由が見つからない為、競売覚悟で任意売却をする決断をしました。

    任意売却をする決断ができたのは、任意売却相談室の専門相談員の説明、特に売却後の住宅ローンの残り・残債(残債務)の事について、詳しく教えていただけた事です。
    住宅金融支援機構からの借入の場合、
    ホームページ【http://www.jhf.go.jp/customer/hensai/baikyaku.html】でも紹介されているように、
    任意売却の効果として、下記の様に記載されています。

    メリット1
    任意売却は不動産仲介により売却を行うものであり、一般的に裁判所による競売に較べて高額で売却することができ、売却後の残債務の負担を軽減できる可能性があります。

    メリット2
    任意売却後に債務が残る場合には、お客様の収入状況や生活状況を十分勘案した上で、分割弁済のご相談に応じます。

    メリット3
    任意売却の場合は、残債務の状況により延滞損害金の減額等のご相談に応じます。



    【任意売却専門相談室:ニンセン】運営会社であるワコー・コーポレーションは、任意売却を専門にしており、貴方の状況に応じて“貴方に合った解決方法をご提案”させていただいております。
    住宅ローンの問題・不動産売却の問題や離婚・相続関連でのトラブルによる問題解決についてもお気軽にご相談ください。