お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 住宅ローン金利優遇の落とし穴

    ボーナス半減、金利UPで返済額増!

    中堅商社勤務の I さんは、5年前に世田谷区内の新築マンションを購入し、銀行から固定金利選択型で4200万円を借りました。
    3年間固定金利1%のキャンペーンを利用して、月返済額は11万円、ボーナス時は45万円でした。
    年収は800万円あり、住宅ローンを払っても余裕のある生活を送ることができていました。

    ところが、金利優遇期間が終わった4年目からは金利が2.4%に上がり、毎月の返済額は15万円を超えてしまいました。 また、ちょうどその頃から景気が急激に減速し、会社の業績も落ち込んでしまったため、ボーナスが半減してしまったのです。
    住宅ローンの返済をするために、足りない分を消費者金融から借りました。

    金利の低い住宅ローンを返済するために、金利が高い消費者金融から借りると、雪だるま式に借入金が増えてしまうことは、冷静に考えるとすぐにわかることですが、その時の I さんには消費者金融から借りて住宅ローンを返済することで自宅を守ることが出来ると思ってしまっていたのです。

    それからは、借入の返済と利息支払のために、また借金を重ねることになり
    もうどうにもならないという限界のところで「任意売却」のことを知り、当相談室にご連絡をいただきました。

    一時は、自己破産も考えたという I さんですが、当相談室にすべてお任せいただき、マンションを任意売却後、近隣の賃貸マンションに引越し、新しい生活をスタートされています。