お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 収入が減って住宅ローンの返済が厳しくなることもある?

    住宅ローンを完済するには、安定した収入と返済計画が欠かせません。ところが、病気や事故、会社の倒産といった災難が起これば、収入減で返済が苦しくなることも。度重なる延滞となれば競売を迫られるため、任意売却など有効な手立てをはやめに打つことが肝心です。

    収入の減少につながるさまざまなケース

    住宅ローンの契約当初と事情が変わったことで、収入が減ってしまうケースは少なくありません。

    • 倒産、リストラ、給与カット

    給料の保証は絶対ではありません。不景気や業績の悪化で会社が倒産する話は珍しくありませんし、リストラや給料・ボーナスカットも起こりえるリスクです。このような状況になると当然のごとく返済計画に狂いが生じ、毎月の返済も苦しくなるでしょう。転職に成功しても収入が減れば延滞や、ローンが支払えない状況になるかもしれません。延滞するとローンの借り換えも難しくなり、任意売却などの対策をはやめに検討することが望まれます。

    • 病気を理由に休職

    大きな病気を患い、入院することになれば、通常どおり給料をもらうことも難しくなるでしょう。病気を理由にローンの支払い額が減額されることはないため、何らかの対策を打たないと延滞・滞納リスクが高まります。復帰の目途が立たなければ、ますます苦しくなるでしょう。大病の場合は医療費も高額となるケースが多く、ますますローン返済を難しくします。

    住宅ローンの返済に役立つ任意売却

    会社の倒産やリストラ、病気や事故などは予測が難しく、突然そのような事態に見舞われることもあります。やむを得ない事情が重なっても、ローンの支払い額の減額は認められないため、支払えない状況だと分かった段階ではやめに手を打ち、競売を防ぐ必要があります。

    競売を防ぐ有効な手段が、任意売却です。この方法であれば競売ほど安値で売り払われる懸念はなく、相場に近い価格での取引に期待が持てます。引っ越しまでの猶予を与えられるケースもあります。競売にかけるより多くのメリットがあるのが任意売却です。

    ただし、任意売却を成功させるには、専門業者のサポートが不可欠です。ニンセンは、任意売却を専門に数多くの不動産売却を手掛けてきた実績があります。住宅ローンを支払えずお困りの際は、ニンセンまでご相談ください。

    まとめ

    会社の倒産やリストラ、病気などの災難は、突然起こります。それまでの収入は保証されなくなり、住宅ローン返済期間中であれば支払いも厳しくなるでしょう。競売を迫られないためにも、任意売却で可能な限りの高値売却に望みをつなげてください。任意売却専門のニンセンでは、住宅ローンの支払いが難しくなって持ち家の売却を検討する方の相談を受け付けています。