お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 団体信用生命保険で住宅ローンを完済するために・・・  

    2013年6月、娘さんからのご相談内容は次のようなものでした。

    「父親が住宅ローンを払えず、家を守るために自殺を試みた」
    住宅ローンを利用した際の【団体信用生命保険】を利用し完済しようと考えたようですが、
    結局自殺できなかった。
    過去5年間、父親とは離れて暮らし連絡も取っていなかったようですが、今回の事件を聞き“何とかしなければ”と考え、
    【住宅ローンが払えない】
    【家を守りたい】
    【住み続けたい】
    【親子間売買】
    【リースバック】

    などの言葉で辿り着いたところが『任意売却専門相談室』だったようです。

    娘さんから詳しく事情を聞かせていただいた後 父親であるK様宅に伺い、話し合いを2時間ほどさせていただきました。
    K様は、とにかく家を守りたい、失いたくない考えでしたが、既に競売の手続きが進み、入札まであと1ヶ月という状況でした。

    限られた時間の中で、ニンセン【任意売却専門相談室】が提案したのは、
    ① 現金で購入できる投資家に家を売却し確保してもらう。【競売回避のため】
    ② 競売回避後、娘さんや親族の方に『買戻し』をしてもらう。

    この提案で了承していただいた後、直ぐに手続きに入り競売は回避できました。

    これから先、『買戻し』の為の手続きに入ります。

    担当スタッフからの一言

    住宅ローンが払えないからと、“自殺”等を考えるのは絶対に避けてください。
    最悪、家を失うことになるかもしれませんが、ご家族の悲しみには代えられないものです。
    家を失っても、家族みんなで協力すれば“人生を再スタート”できます。
    また、住宅ローンが残っても、収入が無い人からは回収できない事は、金融機関も理解しているものです。