お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 給料ダウンでボーナス返済が出来ない!

    住宅ローンが払えない・・・【 ボーナス大幅ダウンで年収激減 】  


    先日当相談室に、田丸さん(仮称)からご相談がありました。 
    平成7年に土地付一戸建を、ある地方都市の閑静な住宅地に4600万円で購入されました。
    購入当時の年収は700万円で、既に2人のお嬢さんは結婚されており、これからは夫婦だけの生活で大きな支出の予定はなく返済に困ることはないはずでした。

    ところが、3年程前から不況のあおりで年収が600万円に減ってしまい、更にまた540万円までになってしまいました。「この先、減ることはあっても、増えることはないだろう…。」と実感していました。

    それでもまじめな田丸さんは生活を切り詰め、なんとか返済を続けました。一生懸命努力して、月々7万円の支払いはしていましたが、問題はボーナス月の45万円の返済でした。
    今まで当たり前のようにもらっていたボーナスは“業績不振”を理由に大幅にカットされてしまうからです。
    そんな中、ついに7月のボーナス返済がやってきました。 結局、生活を切り詰めるだけでは月々の返済がやっとの状態で、ボーナス分までは捻出はできず、長年掛け続けていた生命保険を解約し、返済に充てました。
    しかし、半年後に迫った次のボーナス月…つまり1月分は、とても支払うこと事が出来ない状況でした。
    田丸さんの描いていた将来設計は“退職金で住宅ローンを完済し、老後は年金でのんびりと暮らす”というものでした。 しかし、不況により年収は減り続け、その上退職金も想定していたより半分以下になりそうで、将来設計はすっかり狂ってしまったのです。
    田丸さんは悩んで悩んだ末、12月になってから当相談室に連絡を下さいました。
    「もう住宅ローンが払えないので、自宅を売却したい」ということでした。 債権者との交渉等、当相談室にすべてお任せいただき、無事に任意売却が終わりました。

    担当スタッフからの一言

    経済市況の悪化で当たり前のようにもらっていたボーナスがもらえなくなる世の中です。
    ボーナス払いで住宅ローンの返済計画を立てていた方たちにとっては非常に厳しい状況です。
    とは言え、無理に消費者金融等から借り入れをしてボーナス払いをしてしまうと、どんどん状況は悪化してしまいがちですので、
    住宅ローンでお悩みの方は是非、ニンセン【任意売却 専門 相談室】までご相談ください。
    きっと貴方に合った解決策をご提案できると思います。