お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 自分で銀行に相談はNG?親子間売買の注意ポイント

    親子間売買であっても、住宅ローンの利用はできます。ただし、知識とノウハウ、実績を持つ親子間売買専門業者への依頼が大前提です。特殊な取引ケースのため、十分な対策を講じたうえで住宅ローンの審査に臨みましょう。今回は、親子間売買における住宅ローン申込時の注意店をご説明します。

    住宅ローン利用の親子間売買でやってはいけないこと

    親子間売買であっても、住宅ローンなしに取引を成立させるのは難しいでしょう。とはいえ、銀行は親子間の不動産取引に厳しい態度を取ります。親から子への不動産の譲渡は贈与もしくは相続が一般的だからです。

    そのような事情があるため、親子間売買を目的とするローンの相談をご自身でされるのはおすすめできません。銀行相談窓口のヒアリングではさまざまな質問を受けます。また、書類を記入する際も通常のケースと異なり、特別なノウハウが必要です。情報や知識がないままに相談をはじめてしまうと、審査にも影響を与えかねません。

    「とにかくたくさん申し込んで審査通過の確率を上げる」もNGです。不自然な申し込み数は金融機関の不信を招き、信用情報機関に登録されるでしょう。どの銀行を融資先に選ぶか的を絞ることが大切です。基本的に、承認を得る金融機関は3行までと押さえてください。

    住宅ローンを利用するなら専門の不動産会社に依頼を

    親子間売買は特殊なケースであり、銀行に住宅ローン融資を認めてもらうのは至難の技です。相談の段階から対策を練り、融資先の銀行も適切に絞り込む必要があります。

    不動産の取引では、宅地建物取引業者の免許を持つ不動産会社に仲介を頼むのが一般的です。親子間売買では、依頼先をその方面の専門業者にするか、専門外の業者にするかでローン審査の結果が大きく変わるでしょう。専門業者であれば、金融機関の選び方や書類の書き方、適正相場、妥当な売買価格など、住宅ローン審査に不可欠の情報を持っています。親子間売買に不慣れな不動産業者だと、万全のフォローも難しいことが予想されます。住宅ローン審査の通過を確実にするためにも、親子間売買を専門とする不動産会社に依頼してください。

    【ニンセン・任意売却専門相談室】は、これまで多くの親子間売買・親族間売買を成功に導いてきました。専門知識とノウハウを生かして、万全の住宅ローン申込対策を立てていきます。

    まとめ

    親子間売買での住宅ローン審査申込には慎重さが求められます。不動産会社の仲介は不可欠ですが、なかでも親子間売買を専門に手がけてきた業者に依頼することが大切です。銀行の選び方や審査通過のコツなど、適切なアドバイスに期待が持てます。