お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 親子間売買が選ばれるのはどんなとき?

    親から子、あるいは子から親へ不動産を売却する親子間売買。競売から家を守りたいとき、相続税対策もかねて老後の安定収入を得たいとき、この方法が生きてきます。その一方で、住宅ローンの審査にとおりにくい問題点への注視も大切です。今回は、親子間売買が選ばれる主な理由と、その際の注意点をご説明します。

    親子間売買の主な理由

    親子間売買が選ばれる主な理由は、次の3通りです。

    • 住宅ローンが払えない

    何らかの事情で住宅ローンが払えない状態が続けば、最終的に競売という状況を招きます。ローン延滞から半年以上も何もせず、債権者からの請求にもなんらアクションを起こさなければ、金融機関は粛々と競売手続きをはじめてしまうでしょう。そのような状況において競売から家を守る対策のひとつが親子間売買。親子の間で不動産取引を済ませて解決する方法として選ばれます。

    • 相続税対策として

    資産全体が相続税基礎控除額(3,000万円)を超える場合は相続税が発生します。相続税課税をなるべく少なくするには、親子の間で売買したほうが有利なケースもあります。

    被相続人となる親の財産は、主に預貯金や不動産が一般的です。預貯金が大きな額を占める場合、相続税の課税は免れないでしょう。不動産に比べ、預貯金は相続税がかかりやすい側面があります。そこで子の持ち家を購入して預貯金を減らせば、結果的に相続税の金額を下げられるのです。購入不動産はそのまま住居用としても使えます。

    • 老後の生活資金のための投資不動産として

    定年退職して安定収入がなくなると、老後の生活資金をどうするかという問題が起こります。そこで選ばれるのが、投資不動産で家賃収入を得る方法です。親子間売買で不動産を取得し、毎月一定の家賃収入を確保できると老後の生活も安定するでしょう。この目的による親子間売買には、相続税対策もかねる場合があります。

    親子間売買の手続きで気をつけること

    どんな理由で親子間売買するにしても、手続き上の注意点を踏まえることが重要です。多くの場合、親子で不動産取引するケースに対し、金融機関は融資に消極的です。住宅ローンを利用できなければ、売買の手続きもスムーズに運ばなくなります。

    親子間売買の手続きを滞りなく完了するためにも、当事者同士で話を進めるのではなく、必ず専門の不動産業者をとおしましょう。銀行が親子間売買の融資を渋るのは、取引価格等に不透明な点が多いためです。親子間売買にも精通する専門業者であれば、この点を熟知して的確なアドバイスを送ってくれます。

    株式会社ワコー・コーポレーションがサイト運営している【ニンセン】でも、親子間売買や任意売却に関する専門家をそろえ、全国を対象に相談を受け付けております。親子間売買を検討される際は、お気軽にお電話【フリーダイヤル 0120‐201‐819】ください。

    まとめ

    競売防止や相続税対策、さらには老後の安定収入にもつながる親子間売買。さまざまなシーンで有効活用される手段も、住宅ローンの利用が難しいなどリスクを含みます。親子間の取引だからといって自分たちで手続きを済ませず、通常取引と同じように不動産売却の専門家にご相談ください。
    不動産売却・任意売却専門の【ニンセン】では、不動産にかかわる相談を随時承っております。お電話もしくはメールフォームにて、お気軽にお問い合わせくださいませ。
    【フリーダイヤル 0120‐201‐819】

    親子間売買に限らず、兄弟間売買・親族間売買も同様に対応できます。また、住宅ローンの滞納、これから先、住宅ローンが払えない場合の対応や任意売却に関する相談もお任せください。