お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 親子間売買のメリットとデメリット

    持ち家の競売を避ける方法には、任意売却のほか「親子間売買」も有効です。売却後も住まいを確保できる一方、住宅ローンの融資に応じてくれる銀行が少ないなどのデメリットもあります。融資を断られると信用情報に履歴が残るため、親子間売買を検討する際は売却専門の代行業者「任意売却専門相談室【ニンセン】フリーダイヤル0120-201-819」に相談してください。

    親子間売買とは?

    親子間売買とは、持ち家などの不動産を両親(子ども)相手に売却する方法です。住宅ローンの滞納が続けば、財産差し押さえとなり、自宅を手放す事態も想定されます。競売手続きが完了したら、財産権利は購入者(落札者)に移り、前の所有者は強制的に立ち退かなければなりません。それを回避する手段として、親子間売買を選ぶ方もいるのです。

    たとえば両親の持ち家を息子さんに売却するとしましょう。その場合、息子さん名義の物件を、両親が賃貸してそのまま利用するかたちになります。いわゆるリースバック(売却した自宅を賃貸して使用を継続する)の手法を活用して住み続けることになります。

    親子間売買のメリット・デメリット

    「売却後も引っ越しする必要なく住み続けられるのであれば何の問題もないのでは?」と思われるかもしれませんが、親子間売買には注意点も隠れています。メリット・デメリットを踏まえたうえで売却を検討してください。

    • 親子間売買のメリット

    売却後も、住み慣れた自宅を住居として使えます。売却相手が肉親のため、購入金額の件で揉めることもなく、おだやかに手続きを進められる点もメリットです。親子間売買では毎月の返済負担が軽微となるケースが多く、経済的な効果も小さくないでしょう。

    また、新たに引っ越し先を探す手間も負担もありません。近所に売却の事実を知られる可能性も低く、デリケートなプライバシー情報を守れます。

    • 親子間売買のデメリット

    親子間売買をするためには、多くの場合、購入する側が新たに住宅ローンを申し込む必要があります。しかし、売却相手が肉親というケースで融資に応じる銀行は少ないために、なかなか契約が先に進まない恐れも。なぜ金融機関が融資を渋るかといえば、親子間だと適正価格で取引されない可能性、相続税対策や別目的での資金調達の可能性を疑うためです。

    銀行に融資を断られると、その履歴は信用情報に登録されるため、住宅ローン以外の融資審査も不利となる可能性もあります。親子間売買の融資先を探す際は、安易に自己判断せず、不動産売却に精通する代行業者「親子間売買等を専門に取扱う任意売却専門相談室【ニンセン】フリーダイヤル0120-201-819」への相談をおすすめします。

    まとめ

    「わが家を手放したくない」という方にとって、親子間売買は最適と呼べる不動産取引かもしれません。ただし、購入者側は新たに住宅ローンを契約する必要があり、その融資先が少ないというデメリットがあります。親子間での売買を望む場合は、住宅ローンの借り入れが可能かどうかまで含め、慎重に検討してください。