お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 買換えようと思ったら、売却価格が低すぎた!!

    担保不動産競売開始決定通知が届いて、数社の任意売却業者を比較検討

    バブルの頃に家を建てました。
    郊外ではあるものの 3階建て6LDKの自慢の家です。
    しかし、築年数が増すにつれ、しょうがないのですが家の損傷がひどくなりました。

    補修工事も度々必要になり、その費用も結構なものでした。
    「こんなに修理が必要なら、いっその事、新たに購入した方が安く上がるかもな。」
    そんなことを冗談で言っていたのですが・・・。

    次の日曜日、何気なしに新聞折込の広告を見ていたら、隣町の物件が載っていました。
    思わず妻を呼びつけ、「これを、見てみろ!」 
    そこには、“3階建て5LDK 築10年リフォーム済み”の文字。
    我が家より1部屋少ないものの、坪数で言ったら同じ位の広さです。
    しかも、築年数は10年も浅く、何と言っても急行の止まる駅から徒歩7分というのは、とても魅力的でした。
    我が家は、各駅停車しか止まらない駅から歩いて15分もかかるのです。

    早速チラシを片手に妻と見に行ってきました。 想像していた以上に状態も環境も良いもので、すっかり気に入った私達は、買い替えを前提に、後日自宅の査定をしてもらいました。 住宅ローンの残債は、まだそれなりにあったものの、先日見に行った物件の価格から推測してみると、完済してなお300万円くらい資金が残るだろうという計算でした。

    そして数日後、査定書が届きました。そこに記された額を見て、ビックリ! 
    ローン残高を500万も下回る金額ではないですか!
    これでは売るに売れず、その家を買うどころの話ではありません。

    私達夫婦は、二重にショックを受けてしまい、一気に体の力が抜けてしまいました。そうなると、今まで“城”だと思っていたこの家が忌々しく思えてきました。
    「この金食い虫!」そう思うと、これ以上この家にお金をつぎ込むのが馬鹿馬鹿しくなったのです。
    補修工事費用にしろ、住宅ローンの返済にしろ・・・。

    今まで住宅ローンを延滞したことなど、一度もありませんでした。 しかしこの一件を境に、度々支払が遅れることが多くなってしまったのです。 そしてついには、払うのを完全にやめてしまいました。
    「こんな家、もう、どうにでもなれ・・・!」そう、自暴自棄になっていたのかもしれません。

    それから数か月、銀行からの書類(支払通知書や督促状・催告者)を放置してしまった自分が悪いのですが、ついに「担保不動産競売開始決定通知」が届きました。
    予測していたことでしたが、いざ手元に書類が届くとさすがに焦りました。
    競売になったら、この町に住み続けることはできなくなる!
    そう思うと、いても立ってもいられなくなりました。

    そこからの私は、ものすごい勢いで行動を起こしました。
    なにしろ時間がありません。
    インターネットで、探した数社の任意売却業者を比較検討し、数々の成功実績がある貴社に決めてからは、更にスピードアップ。担当の方は私のスピードに合わせるがごとく、あっという間に販売活動に入ってくださいました。

    そんなある日。  購入希望者の方が内見に見えました。
    東京の方だそうですが旦那さんの定年退職を機に田舎暮らしをしたい、ということでした。
    なかなか好感触のようです。特に奥さんは広い庭を見て大喜び。その場で、家庭菜園の構想を旦那さんに語っていました。

    その後も何組か内見に見えたのですが、結局このご夫婦が購入してくださいました。
    今、私達夫婦は隣町の新築賃貸マンションで暮らしています。
    マンションは初めてですが、快適です。 何よりも新しくて気持ちがいいです。

    これから先、残った住宅ローンで債権者から通知が来たら、いつでも連絡して下さいと言われ、本当に安心できました。
    実は、弁護士にも費用を払って相談していたのですが、あのまま弁護士に依頼していたらこのような結果にならなかったのではとホッとしています。
    弁護士さんは、何をするにもお金が必要なんですね。
    その点、ニンセンさんには1円もお金を払っていないので逆に申し訳ないと思っております。
    色々とありがとうございました。また、これからもアドバイスの方宜しくお願いします。

    担当スタッフからの一言

    担保不動産競売開始決定通知が届いた状況では、何よりも購入者を見つけることが先決です。
    しかし、住宅ローンの残債務を完済できない売却価格では、事前に各債権者へのお伺いが必要になります。
    この2つの作業を同時進行で手際よく進めていける事も任意売却を専門とした業者の実力となります。
    債務の事で弁護士に相談することは間違いではありませんが、不動産売却が絡む問題の場合には弊社の様な任意売却を専門にした会社での相談をお勧めします。ご相談にかかる費用もなく、少しでも有利な解決策をご提案できると思いますので。
    但し、業者選びは慎重に!