お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 離婚すると住宅ローンの契約はどうなる?

    離婚で難しいのが、不動産の取り扱いです。元夫婦間売買で財産分与しようと思っても、ローン名義の変更は基本的にできません。共有名義のまま元夫婦で支払いを続けても、離婚の影響で滞納する可能性も生まれます。

    今回は、住宅ローンの名義変更が難しい理由に加え、離婚の影響で想定される事態についてご説明します。

    ローンの名義は変更できない?

    離婚で住居の名義変更をする場合、「不動産の所有名義」と「住宅ローン借入名義」のふたつについて考える必要があります。前者のほうは金融機関の承諾がえられれば、共有名義から単独名義への変更は可能です。問題は「住宅ローン借入名義」のほうで、この変更は簡単ではありません。

    • 変更は無理?住宅ローン借入名義

    通常、ローン契約者本人が住宅ローン借入名義になります。夫(妻)ひとりが債務者となる単独名義もあれば、夫婦で連帯債務者となる共有名義もあります。

    離婚の結果、住宅ローンの共有借入名義を解消し、夫名義にしてローンの残りを夫が払い続けることで合意したとしましょう。金融機関は、不動産の所有者名義変更は承諾するでしょうが、住宅ローンの共有借入名義変更に応じる可能性は極めて低いと言えます。なぜなら、金融機関は夫婦の収入合算を前提に融資すると判断したからです。妻が連帯債務から抜けることは、収入の柱が一本抜けることを意味し、返済にも影響が出ると予想されるのです。

    このような点から、住宅ローンの共有名義変更はかなり難しいでしょう。

    離婚の影響でローン滞納も

    離婚後も住居を売却せず、どちらか一方がそのまま住み続けるとしても、返済額は残ったままです。その後の返済も、連帯債務(住宅ローンの共有名義)であれば元夫・元妻どちらにも返済義務が生じます。

    妻が家を出た場合でも、妻はその後もローンを返していく日々が続きます。新しい住まいが賃貸マンションであれば、毎月の家賃を払いながらのローン返済となるわけです。こうしたケースでは、家を出た側のモチベーションが続かない問題が指摘されます。最初は支払いに応じても、徐々に滞納していく例も少なくないのです。

    こうなると、残った夫の支払い負担が大きくなり、先々住宅ローンが払えない可能性も生まれます。ローン滞納が続くと、最終的に競売という事態に発展し、住む家がなくなってしまう状況も考えられます。

    離婚に伴う不動産の問題(住宅ローンの支払いや名義の変更等)を招いたら、任意売却の専門家に相談する事をおすすめします。離婚と同時に不動産の売却を検討する事や、不動産の名義変更や住宅ローンの名義変更の対策などもアドバイスできます。

    住宅ローンの残高以上での売却が出来ない場合は、任意売却での対策も可能です。任意売却の場合は、不動産価値を大きく損ねることなく、競売よりも有利に不動産売却出来ますので、貴方にとっても色々なメリットがあります。

    まとめ

    離婚にともない、住宅ローンの共有名義を変えようと思っても、金融機関はおそらく応じてくれません。共有名義の場合は夫婦の収入合算でローン融資が決定されたからです。
    離婚後は家を出たほうの支払い意欲の低下が指摘され、ローン滞納も招きかねません。

    離婚に伴い住宅ローンが払えなくなる可能性がある場合や持ち家の処分をどうすれば良いかわからず困った際は、任意売却専門の【ニンセン】まで、お気軽にお電話【フリーダイヤル 0120‐201‐819】ください。離婚に伴う任意売却の専門家が、詳しくアドバイスいたします。