お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 離婚に伴う住宅ローンの問題
    連帯保証人解除は?

    5年前に夫婦収入合算によりマンションを購入したが、今後離婚予定になった。
    住宅ローンの残高は2800万円。市場相場は2500~3000万円との事。
    お互い連帯保証人になっているが、ご主人様とまともに話し合いが出来ずに困っているとの相談を受けました。

    【ニンセンの対応】
    ①ご主人様とお話をさせて頂く様、奥様からメールなどを利用して依頼して頂きました。
    ②ご主人様との話し合いで、マンションを売却した方がお互いの為に良いとの判断をいただき、売却する事になりました。
    ③住宅ローンの残高+売却の経費、合計2900万円以上で売却できない場合は、任意売却の手続きが出来るように準備をしながら販売活動を行いました。
    【結果】
    2900万円以上での売却に成功し、任意売却をせず、住宅ローンが残る事無く完了しました。

    担当スタッフからの一言

    離婚に伴う不動産の売却には、ご夫婦間による話し合いがうまくいかないケースが多く見受けられます。
    お互いの顔を見る事も出来ず、感情的になってしまい、結果ご夫婦のどちらかが苦労することが多く、そのような中、インターネット等で【ニンセン】を見つけて頂き、ご相談を受けております。
    【ニンセン;全国対応の任意売却の専門相談窓口】では、このような相談による対応におきましては、お互いの接触を極力減らし、『奥様とニンセン』『ご主人様とニンセン』とで打ち合わせをして、お互いが納得する解決策を見つけて参ります。