お役立ち情報

任意売却に関わる様々な情報を掲載!

  1. 根抵当権設定の解除方法はありますか?
    会社倒産! 家だけは守りたい!

    2年前から業績が悪化し今年に入り会社を閉めることにしました。
    以前、事業資金として3,000万円借りた際、個人としての保証人の他、自宅に1,500万円を上限に根抵当権を設定されていました。
    当時、事業資金の借入返済について何の問題もない状況でしたから銀行に言うがままに借入をし、自宅を担保に取られても気にもしていませんでした。
    銀行の担当者から、万が一支払いが出来なくなった場合は自宅を強制競売等で売却し “資金回収するために根抵当権を設定する” という事など何の説明もありませんでした。
    全ては自己責任として諦めているのですが・・・・・

    “とにかく家を守りたい! 手放したくない!”という気持ちから、

    知り合いの不動産会社や以前お世話になった弁護士事務所でいろいろと相談をしてみましたが、良い対策は見つかりませんでした。
    いつ銀行から返済を迫られ競売になってしまうか、毎日憂鬱で精神的にも最悪の状況でした。
    そんなある日、電車内の広告で『任意売却相談室』という文字が目に入り その内容に
    『家を守る』
    『住宅ローンが払えない』
    『離婚で不動産を売却』
    『相続で不動産処理』
    等でお困りの方はご相談ください。貴方に合った解決策をご提案・・・・

    早速、電話し面談をしていただく事にしました。当時面談していただいた相談員は、私の話を1時間余りずっと聞いていただき、ゆっくりと親切丁寧にアドバイスや現況確認の為の質問など更に1時間くらいかけて話し合いをしました。

    状況判断していただき、相談員から『家を守ることができると思います』
    と聞かされた時の喜びは今でも覚えております。

    その後、家を守るための手続きをしていただき、相談から約2カ月で解決することが出来ました。
    以前、弁護士や不動産会社に相談して“諦めるしかない”と思っていたころの精神状態が嘘のようです。
    家族一同、心から感謝申し上げます。

    事業資金の残債務の支払い義務は残るものの、家を失うことなく今まで通りに生活ができる事の有難さを実感しております。
    残債の支払方法の事についても『任意売却相談室』では無料アドバイスしていただけ、本当に心強い会社と巡り合えたと思っております。

    担当スタッフからの一言

    今回のご相談は、
    “とにかく家を守りたい”“マイホームを手放したくない”と言うお気持ちを重視して対応しました。
    ①保証人としての残債務の完済ができるか?
    ②ご自宅の相場(担保価値)は?
    ③賃貸で住むことは考えられるか?その時、賃料支払いはできるか?
    ④今後の収入状況は?
    ⑤親族や友人にご自宅を購入していただける協力者がいるか?
    等の状況から判断をして、取り纏めることが出来ました。
    当初、手続きをしている状況の中、根抵当権を設定している銀行担当者から、ご相談者様(債務者)に対して『保証債務含め全額返済でなければ根抵当権を解除しない』旨強く言われ落ち込んだそうです。
    ニンセン【任意売却専門相談室】での対応
    買主様から銀行に対し、民法398条22の根抵当権消滅請求を申請していただきました。
    その交渉事は全てニンセンで行い、渋っていた銀行も最終的には応じざるを得ない状況になり成功に導くことができました。